« 大統領の話し方 | メイン

王室の帽子

イギリス王室じゃなくても、日本の皇室も、他の王国のロイヤルファミリ0と呼ばれる人たちの公式の場所でかぶる帽子は面白いものが多いですね。
でもあれって伝統だし、あれが正しいのです。
ある女優さんが、あのメーガンの結婚式に出席ってことで、コーディネーターさんが「こういうのをかぶらなくちゃだめよ」みたいな助言でかぶったのがファシネーター。
アメリカ人にはなじみはないけど、そういうものをかぶった方がいい、とされています。

メーガンもそうだけど、アメリカ人にとっては(日本人にとっても)とても奇妙なものに見えてしまうのですが、そういうもの、としましょう(笑。
伝統なんだし、マナーなんだからしょうがない。

メーガンの友人であるその女優さんもそれをかぶって出席したのですが、普通の優雅な帽子の人もいたとかで恥ずかしかったんですって。
でもそんなのが問題になることはなかったですね。
やはり伝統は守っているほうが後で何か言われなくていいってことです。
聞いてる?メーガン!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.theswissvillage.com/mt3/mt-tb.cgi/91

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2020年10月01日 22:52に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「大統領の話し方」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38